クラファン

クラウドファンディングとは?

クラファン

目次
1)クラウドファンディングとは?
2)クラウドファンディングの種類とリターン
 ①購入型
 ②寄付型
 ③投資型
3)クラウドファンディングプロジェクトオーナーのメリット
 ①資金調達
 ②テストマーケティング
 ③プロモーション
4)クラウドファンディング支援者のメリット
 ①一般販売前に「早く」入手することができる
 ②一般販売時よりお得に「安く」入手することができる
 ③クラウドファンディング限定のリターンを得ることができる
5)クラウドファンディングプロジェクトオーナーのリスク(デメリット)
 ①プロジェクトが失敗に終わってもリターンの提供が必要
 ②仕様変更や納期遅延による顧客対応
 ③「失敗」という事実が公となる
6)クラウドファンディング支援者のリスク(デメリット)
 ①納期遅延や仕様変更の可能性
 ②製品化やサービス化が実現されない可能性
 ③目標金額に達せずリターンが実行されない可能性



1)クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。日本では省略して「クラファン」と呼ばれることもあります。

起案者(プロジェクトオーナー、PO)はそれぞれの目的のもとプロジェクトを立ち上げ、
不特定多数の人々からプロジェクト内容に賛同する支援者を募り資金調達を実施します。

プロジェクトは主にクラウドファンディングプラットフォーム上で公開され、支援を受けたいプロジェクトオーナーと賛同する支援者がマッチングされます。


2)クラウドファンディングの種類とリターン

クラウドファンディングは支援者に対するリターンにより以下の3種類に大別されます。

①購入型:支援者は支援金のリターンとして商品やサービスを得ることができます
②寄付型:支援者に対する商品やサービスなどのリターンは基本的に発生しません
③投資型:支援者に対して金銭的なリターンが発生します。
投資型クラウドファンディングは金利でリターンを得る「貸付型」や株式でリターンを得る「株式型」に区別されます。

※当サイトでは主に「購入型」「寄付型」プロジェクトを検索対象としています


3)クラウドファンディングプロジェクトオーナーのメリット

プロジェクトオーナーがクラウドファンディングを活用する主なメリットは以下の通りです。

①資金調達
語源にもある通り本来の目的がこの「資金調達」です。新しい商品やサービスを開発する際に資金面での課題を抱えている個人や企業がクラウドファンディングを活用することで広く資金調達をすることができます。また災害支援など特定の目的に対して広く賛同者から資金援助を受けるなどの場合にも有効な手段です。

②テストマーケティング
市場に製品を投入する前段階において消費者の反応を調査することができます。
例えば、カラーバリエーションやサイズによって支援者の偏りが見られた場合には生産数を調整したり、市場販売価格を決定する際の参考となる情報が得られたりします。

③プロモーション
市場に製品を投入する前のプロモーションとして効果が期待できます。特に多額の支援金額を集めたプロジェクトは各種メディアで取り上げられることも多く一般販売開始時にも大きな話題となります。
またクラウドファンディングで成功したことを一般販売時のプロモーション素材として活用することで消費者に信頼と安心感を与えることが期待できます。


4)クラウドファンディング支援者のメリット

ここでは主に「購入型」プロジェクトの支援者メリットを解説いたします

①一般販売前に「早く」入手することができる
最も大きなメリットはこの部分です。一般市場で販売開始前の製品やサービスを入手体験することができます。

②一般販売時よりお得に「安く」入手することができる
多くのプロジェクトにおいて「早期割引」を実施しています。人数限定ながら50%超の割引が適用されているリターンも存在します。海外でも「EarlyBird(アーリーバード)」と呼ばれ多くのプロジェクトで実施されています。

③クラウドファンディング限定のリターンを得ることができる
クラウドファンディング限定の商品やカラーバリエーションやサービスがリターンに設定される場合があります。また映画製作などの場合にはエンドロールに名前が掲載されたり、支援者限定のパーティーなどが開催される場合などもあります。



5)クラウドファンディングプロジェクトオーナーのリスク(デメリット)

プロジェクトが成功に至った場合には多くのメリットを得られますが、逆に失敗した場合にはリスクとなる事もあります。

①プロジェクトが失敗に終わってもリターンの提供が必要
購入型で「All-in」方式でプロジェクトを実行し仮に目標金額に達しなかった場合でもリターンを支援者に提供する必要があります。たとえ支援者が1人であれリターンの提供は必要となり、それが製品の場合であれば製造をする必要があります。

②仕様変更や納期遅延による顧客対応
意図せぬ事象によりリターンの提供が遅延したり、一部仕様を変更せざるを得ない状況になってしまった場合には支援者に対ししっかりとした状況説明や対応をする必要があります。この対応を怠るといわゆる「炎上」となり一般販売すらできないような状態となるのでご注意ください。

③「失敗」という事実が公となる
プロジェクトが失敗した場合でもそのプロジェクトの情報は残ってしまいます。つまり「人気がない」という烙印を押されてしまう事となり、その後の販売やサービス展開に少なからず影響が及ぶこととなってしまいます。


6)クラウドファンディング支援者のリスク(デメリット)

クラウドファンディングは一般的なECや購入と異なるという点をしっかりと理解し支援をしなくてはなりません。

①納期遅延や仕様変更の可能性
購入型クラウドファンディングの場合、リターン製品の納期遅延や実際の製品の仕様変更などが発生するケースがあります。多くの場合プロジェクトページ内にそのようなリスク表記をしてあると思いますのでしっかりとご確認ください。そのような際の支援金の対応はプラットフォームごとに異なりますが、納期遅延や僅かな仕様変更などの場合には原則返金不可となりますので予め理解しておく必要があります。

②製品化やサービス化が実現されない可能性
様々な理由により製品化やサービス化が不可能となりリターンを得られないという場合もあります。そのような際の支援金の対応はプラットフォームごとに異なりますが返金不可となる場合もありますので予め理解しておく必要があります。

③目標金額に達せずリターンが実行されない可能性
「All-or-Nothing」方式で実行されたプロジェクトでは目標金額に達しなかった場合にはリターンを得ることができません。ただしその際には支援金は返金されるのが一般的です。
クラウドファンディングとは?  プラットフォーム比較  用語集  リターンシミュレーション
クラウドファンディングとは?
プラットフォーム比較
用語集
リターンシミュレーション


クラファンサーチ クラファンサポート クラファンブースター
運営会社概要
プライバシーポリシー
セキュリティポリシー

(c)JPT. All Rights Reserved